Archives for : 12月2015

偽薬がついているピルの飲み方について

ピルを服用する時には21錠で1セットになっているタイプと、28錠で1セットとなっているタイプがあります。
ピルは女性の月経周期に合わせて21日飲んで7日休むのが基本となっていて、28錠となっている場合は7日分は偽薬と呼ばれる乳糖やデンプンで作られていて有効な成分が含まれていない錠剤が含まれています。
偽薬があるかないかでは基本的な飲み方は変わらずに、生理が始まった時から24時間以内に最初の1錠を服用するのが基本となっています。
初日から服用する事ですぐに避妊効果を得る事が出来ます。
また、ピルを服用する時は血中濃度を安定させるためにも、出来る限り毎日同じタイミングで服用するようにするのが理想です。
21日服用し続けたら、残り7日は薬を服用しない日ですが、28錠で偽薬がついている場合は偽薬を飲みます。
偽薬は単純にピルを服用しない日を分かりやすくするためにあるだけなので、万が一飲み忘れても問題はないです。
ただ、ピルを服用しない休みの日は7日というのは守らなければならないです。
この休みの間に生理の出血が起きますが、正確には排卵は起こらないはずなので生理とは異なります。
ほとんどのピルは整理が始まった日を初日として服用を開始しますが、生理が始まった最初の日曜日に服用を開始するサンデースタートピルと呼ばれる飲み方もあります。
この飲み方の場合は週末に出血するのを避ける事が出来るのがメリットであり、週末には外に頻繁に出かける人などにとっては便利です。
なお、ピルは規則正しく飲まないと十分な避妊効果を得る事が出来ず、妊娠する可能性が上がります。
そのために、正しく服用できなかった場合は妊娠する可能性がある間は他の方法で避妊する事を検討した方が良いです。