Archives for : 3月2015

ピルの服用による意外な効果

女性が使用する安全性の高い経口避妊薬としてピルがあります。
ピルは女性ホルモンを成分とする薬で、毎日決まった時間に1錠ずつ服用することで女性ホルモンをコントロールし排卵を抑え、避妊効果を発揮します。
経口避妊薬として用いられるピルの代表的なものにトリキュラーという薬があります。トリキュラーは避妊薬として使用される低用量ピルの中では歴史が古く、世界中で多くの女性が使用しているため症例数も多く、安全性の高いピルです。
トリキュラーを使用すると、避妊効果以外にも様々な嬉しい効果があります。
たとえば、生理の際の経血の量が減ることで、生理の不快さが軽減されたり、生理痛が軽くなったりします。また、生理前、生理中のイライラが軽減される人もいます。さらに、女性ホルモンが安定するため、肌の調子が良くなり、ニキビが治ったり、無駄毛が薄くなったりと女性には嬉しい効果がたくさんあるのです。妊娠を希望するようになったり、ピルが不要になった際は服用をやめれば排卵は正常に戻ります。
このトリキュラーは個人輸入や個人輸入代行という形で、通販で購入することができます。
通販で購入できるトリキュラーは海外製のものですが、成分や使用方法は国内で販売されているものと全く同じであり、安全性に違いもありません。また、通販購入だと国内で購入するよりかなり安く購入でき、必要な分まとめて購入することができるため、頻繁に病院まで通う必要もなく、薬代も交通費も節約できます。
通販で買った薬を使い続けることに心配がある方は、かかりつけの婦人科の先生に相談し、血液検査などの定期検査だけを病院で受けるなどの形をとれば安心して使い続けることができます。

ピルにも色々な種類がある

現在、女性が避妊のためや生理痛軽減のために低用量ピルを服用するケースが増えてきています。ピルはコンドームなどの避妊具よりも避妊率が高く、確実に避妊したい場合にはとても有用な薬となっています。
このように経口避妊薬として女性が服用する低用量ピルですが、実は色々な種類があります。
ピルの種類による違いは主に、含まれる成分、量、錠剤の種類数、21錠タイプか28錠かという点です。
成分の違いや量は避妊効果には違いを与えませんが、体質によって副作用の出方などに影響する場合があります。錠剤の種類数は全ての錠剤に同じ成分が同じ量含まれているタイプか、錠剤によって成分と量が違っているものが複数あるタイプかです。複数の錠剤タイプがあるものは身体の自然なホルモン分泌に似せて薬の成分を調整しており、より身体に負担の少ないよう考慮されています。21錠か28錠かについては、28錠タイプのものは最後の7錠は飲み忘れ防止用の偽薬が付いています。
色々な種類があるピルは通販で購入することができます。
ピルの一つであるトリキュラーは錠剤が3種類ある三相性タイプのピルで、ピルの中ではかなり広く一般的に使われています。錠剤の数は21錠タイプのものと28錠タイプのものと両方販売されています。通販で購入できるトリキュラーは海外製のものですが、成分は日本のものと一緒なので安全性に違いはありません。
ピルをはじめて使用する方で通販での購入を考えている方は、色々な種類の違いを比べたり口コミを見るなどして自分に合ったものを見つけて選ぶと良いです。色々なピルの中でもトリキュラーはピルを初めて使う方にもお勧めの安全性の高い低用量ピルといえます。

トリキュラーを使う時の注意点

海外では一般的となっている低用量ピルですが、日本ではまだまだ知名度が低く、間違った知識が浸透してしまっています。
しっかりと用法用量を守って使用すれば女性にとって強い味方となる薬なのですが、誤解が多く日本ではあまり服用している人はいないのが現状です。
低用量ピルを服用すると、避妊効果、生理痛の軽減、生理の前に起こる頭痛、吐き気、ニキビなどの諸症状の軽減、5年以上の服用で卵巣がんのリスクが軽減するなどの効果があります。
ほとんどが毎月ひどい生理痛に悩まされていたり、避妊を自分の意思で行いたいなどの理由から服用しています。
中には女性特有の病気の治療のために服用している人もいます。
毎月の生理痛は非常に憂鬱ですし、ベッドから出られないという人もいるので日常生活に支障をきたす場合があります。
早めに産婦人科を受診して検査をしましょう。
そして特に病気が見つからなかった場合はピルを服用してみるのも良いです。
ピルには種類がありますが、日本で一番多く処方されているのはトリキュラーというものです。
トリキュラーは服用初期に起こる副作用や、長期服用の際に起こる不正出血などが少ないことが理由で選ばれています。
産婦人科でピルを服用したいというと、はじめに処方されるのはトリキュラーだと思います。
それで体に合わない場合は違う種類のものに変更するのが一般的です。
ピルを服用する際には注意することがあります。
まず喫煙者は血栓ができる可能性があるため服用できません。
ひどい場合は死亡することもあるので、タバコをやめてからピルを服用しましょう。
また通販で購入するのはやめましょう。
通販だと正規品でない場合があります。
通販で購入せずに、産婦人科で処方してもらったものを服用しましょう。